--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/02

バイト体験談 デパ地下の販売員

採点(10点満点中)
時給:5点(時給1000円~1100円)
肉体的負担:3点(ダンボールを台車で運ぶくらい、楽)
精神的負担:4点(客商売なので気を使うのと、忙しい時はちょっとテンパるくらい)
DQN度:3点(デパートは基本的にDQNは来ない)

20160502_01


意外とオススメだ!
俺はGWやお盆の長期休みの時に短期で何度か働いた。
販売などの接客業は基本的にクソだけど、デパートは違った。
基本的に客は常識のある人ばかりで、優しい人が多い。
コミュ障の俺でも何とかなった。

ただ、販売会社の社員が『◯◯万円以上売れ!』って感じでちょっとだけ怖かった。
なのでDQN度は3点とする。
とは言っても、普通の仕事に比べればDQN度は全然低い。

強いてデメリットを挙げるならば、時給がもうちょっと欲しい気がする。
それに、1日中立ちっぱなしということくらいか。

その後、『接客業も悪く無いじゃん』と誤解した俺はファミレス→居酒屋→焼肉屋とバイトをして地獄を見ることになる。

コメント

非公開コメント

No title

客層は超重要だと思います。転々とバイトして思ったのは、職場の雰囲気>客層>時給だって事。
職場の雰囲気は言わずもがなですが、富裕層や扱っているものがそこそこのお値段やブランド物なんかだと客層はしっかりしてる所多かったですね。
最悪なのは地域密着型の昔からあるような地物スーパーや、いわゆる低所得者が集まるような売り場は地獄だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。